1月 28, 2017

FRPモノコックボデー 冷凍車


アルミフラットパネルの場合、パネル自体がメーカー規格品の為、断熱厚 t50 t75 t100 の3種類に限定され、内寸法の設計自由度は限定される。

FRPモノコックボデーの場合、t50~5㎜単位で断熱厚を変更が可能。

→目的の内寸への最大限のアプローチが可能!!

 


●外板はアルミに比べ傷に強く熱の影響を受けにくいFRP

●断熱材は断熱性能の高い高密度注入発泡ウレタン

●内板には冷凍機の冷気の影響を受け易く素早いプルダウンを可能にすると共に強度にも配慮したアルミ複合材のアルポリックを使用

外気の侵入や雨漏りの原因にもなるコーナー部には隙間なく断熱材が詰まっている為、超高断熱性能を実現。

アルミフラットパネルは、打痕に弱く木の枝等、引っかかると傷になりやすくい。また、部分的な修理が難しい。

FRPモノコックボデーは自社成形のFRPとゲルコート層の2層になっている為、枝傷や打痕に非常に強く、部分的な修理もし易い。

事故で大きな損傷を負った場合でもボデーの一部を部分製作し、つなぎ合わせが可能なためボデー外板の修理コスト削減に貢献します。

PONABODYは、オーダーメイドで工程のほとんどを職人が手作業にて製作している為、ボデー寸法や部材材質、その他架装方法等、細かなご要望にもお応えすることが可能です!何でもご相談下さい!

その他、ご不明な点が御座いましたら、弊社までご連絡いただきますようお願いします。

お問い合わせはコチラ→お問い合わせフォーム